なんちゃってアクアリストの部屋

難しいことは何もしない、ただただ魚を飼ってるだけの素人によるただただアクアリウムを楽しみたい方へのブログです。難しいことは書けないので、中身はゆるゆるです、それをわかった上でお読みください!よかったらアクアだけじゃなく、僕のブログ楽しんでいって頂けると嬉しいです😆ツイッターもやってます!レル@hurikusuihiです。フォローしても特にいいことはないです👍

ブラックアロワナ成長記録 1日目〜8ヶ月

今回は

 

ブラックアロワナ成長記録

 

お迎え1日目〜8ヶ月目までのブラックアロワナベビーの飼育記録です。

僕がネットで調べたことをもとにブラックアロワナを初めて育てた記録なので、間違っていることもあるかもしれません。それを承知の上で先へ進んでください。

 

お迎えしたとき

f:id:RERU:20191229124429j:image

ザ・ブラックアロワナという色をしていますね〜

10cmもいかないくらいの大きさです

このときの水槽はS水槽で水量が10リットルちょっとくらい

あまり大きすぎても餌を見つけて食べるのが大変なので体に合った大きさの水槽にしました

餌は赤虫、メダカ、アカヒレをあげました

赤虫は水面に浮かんでいるものしか食べてくれないので、割り箸ですくってそっと水面に浮かべました

メダカ、アカヒレはかなり小さいものをあげてました

水換えは1日1回3リットルほど

ダイソーのコック付きボトル?が水量をある程度調整して入れれるので水質の変化に敏感なアロワナには便利でした↓

f:id:RERU:20200129150839j:image

確か300円やったかな?

 

2日目

f:id:RERU:20191229125157j:image

少し慣れてくれたのか水槽の前面のほうに来てくれるようになりました

カーニバルやクリルと言った人工飼料を小さくしてあげてみましたが見向きもされませんでした笑

 

10日目

f:id:RERU:20200110151433j:image

赤虫を食べている瞬間を激写!

1日2回くらいは赤虫を浮かせてあげてました。

食べ残した分はすぐにスポイトで取って、他の子たちにあげました笑

とにかく痩せて弱って死ぬのが怖かったので、とりあえず餌をガンガンあげて、水が汚れるのは水換えでカバーという考えでした。

 

18日目

f:id:RERU:20200110151852j:image

餌をガンガンにあげていたので、泳ぎ方もしっかりしてます。

ちょっと大きくなってますかね?

この頃にはアカヒレやヒメダカの小さいものも食べてくれたので餌やりが楽でした♫

でもやっぱり水換えは1日1回1/3〜1/2ほどはしてました。

 

1ヶ月目

f:id:RERU:20200110152525j:image

上がお迎え当初の写真で下が1ヶ月経ったものです。

こうやってみるとかなり大きくなりましたね!

ヒレも伸びて体高も大きくなってます😆

だんだんと色も変わってきて大人の色合いに近づいてきました。

この頃も赤虫、ヒメダカ、アカヒレをよく食べていました。カーニバル、クリルと言った人工餌には見向きもせず(´;ω;`)

まあベビーの頃はいいんですよ!知らんけど、、、

 

2ヶ月とちょっと

f:id:RERU:20200110190716j:image

やっとカーニバルを食べてくれるようになりました😭

普通に浮かべるのではなく、半分に折ってから、投げ込むように入れると、あ!なんかきた!パク!という感じに食べてくれることがあります。

ひとつ食べたらもう1つ入れる、それも食べたらまた入れるというようにして食べなくなるまであげてました。

だんだんと体も大きくなってきたので水槽もそれに合わせて大きくしました。

水量が増えた分、水質を保つのが楽になりましたが、まだまだベビーで水質の悪化に弱いので水換えは1日1回10Lほど変えていました。

この頃はコック付きバケツではなく、普通のバケツで水を変えていました。なのでコックによる流量調節ではなく、エアチューブをホースがわりにして水を入れてました。

5ヶ月目

f:id:RERU:20200115192636j:image
f:id:RERU:20200115192633j:image

さらにデカくなりました笑

60ワイドの水槽にお引っ越しです。

もう小赤もぺろりと食べます。

カーニバルと小赤をメインにあげて、たまにコオロギとかミルワームといった虫をあげました。

ほんとになんでもよく食べてくれるので安心でした!

特にコオロギやミルワームは入れた瞬間に食いついてきたので大好物なのではないでしょうか?

この頃には体もしっかりして、さらに外部フィルター(sv900x )と上部フィルターの過剰濾過(?)にしていたので水換えは1〜2日に1回10L程度でしてました。

60ワイドだと水量が約120Lほどあるので、10L変えただけでは水質、水温共にあまり変化しません。なので上記のコックやチューブでゆっくり水を入れていくというようなまどろっこしいことはせずに、バケツからホースでジャーっと入れても大丈夫です笑

 

8ヶ月目

f:id:RERU:20200116113314j:image

30cmくらいにはなったかな?

相変わらずクリルだけは食べません笑

ちょっと水換えをさぼってしまってヒレがボロボロに😨

いたって本人は元気です!

この頃からツメガエル、ウキガエルを食べてくれるようになりました!

カエルを食べるようになってから体つきがしっかりしたように思います(気のせい?🧐)

ツメガエルとウキガエル何が違うのかというと、大きさはツメガエルの方が大きいものが多いので、食べれるのであればツメガエルがいいと思います。

ただ、ツメガエルって結構底の方にいることが多いのでたまに食べにくそうにしているのを見ます笑

その点ウキガエルは名前の通り水面に浮かんでいてくれるのでアロワナにとっては食べやすいようです。なので初めてカエルをあげる時はウキガエルがいいと思いました。

 

まとめ

体が黒い時期:赤虫を水面にそっと浮かべる。水換えは毎日1/3〜1/2の量をダイソーのコック付きボトルで行う。

色が変わり出したら:赤虫、アカヒレの小さいやつをあげる。水換えは同じ。

15cmくらいになったら:水槽s→mにサイズアップ。アカヒレ、ヒメダカ、カーニバルをあげる。

水換えは毎日バケツ+エアチューブで10L交換

20cm〜:60ワイドにお引越し。カーニバル、小赤、こおろぎ、ミルワームをあげる。水換えは1〜2日に1回10Lバケツ+ホース。

30cm〜:カエルも食べるようになった。

以上ざっくりとお迎え〜8ヶ月目までの記録です。

今後ブラックアロワナをお迎えされる方の参考になれば幸いです。

 

チャーム本店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

charm ”New Year Festival“オススメは!?

2020/1/8〜1/16

charmにてnew  year  festival開催中!

f:id:RERU:20200108121816j:image

まだの人は先に見に行ってくださいね

↓ここから飛べます↓

チャーム本店

 

さて、前回は福袋のおすすめを紹介しました。

すぐに売り切れてましたね💦

いいものはすぐになくなります!見つけた時が買い時ですよ!

 

今回もおすすめ商品をいくつか紹介しますのでよかったら参考にしてください!

 

1、風山石 お任せ10kg 2020円!

http://www.shopping-charm.jp/SP/ItemDetail.aspx?itemId=237795

f:id:RERU:20200108124139j:image

福袋にもありました風山石10kg!

1kgあたり202円です笑

とりあえず買っておいて損はない!

 

2、アクロ30Nキューブ 1600円!

https://www.shopping-charm.jp/SP/ItemDetail.aspx?itemId=503619

f:id:RERU:20200108124525j:image

こちらも福袋でありましたね、すぐに売り切れてましたが、、、

このアクロ水槽はオールガラス製でシリコンが綺麗につけられているので水槽単体としてとてもスッキリとしています。お部屋のインテリアとしてもオシャレだと思います!

 

3、ブラックファントムテトラ 30匹 2500円

http://www.shopping-charm.jp/SP/ItemDetail.aspx?tid=05&catId=1320102000&itemId=140945

f:id:RERU:20200108125156j:image

いや〜かっこいい魚ですね〜

結構群れてくれる魚なので30匹くらいまとめて泳がせることで迫力が出ると思います!

 

今回はとりあえず3つ紹介しました

この後もぼちぼち商品が追加されていくことも考えられるので、また良さげなものが有れば紹介していきますね!

チャーム本店

 

charm新春福袋2020 おススメは?

2019/12/26

さて今年もやってきましたcharmの新春福袋!

現段階で僕がいいなと思ったものを紹介していこうと思いますが、兎にも角にも一度ご自分で見てみてください!↓↓

チャーム本店

https://www.shopping-charm.jp/UserArea/archives/sale/happy_bag/2020/

 

では僕のオススメ(僕が欲しいもの…)

1位!

f:id:RERU:20191226112300j:image

http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?itemId=253278

めっちゃ安くないですか?

1キロ当たり202円!

いつもなら5キロで3300円や15キロで8280円ですよ

これはレイアウトする上で持っていて損ではないです!

素材は財産です、安い時に買っておきましょう笑

 

2位!

f:id:RERU:20191226113040j:image

http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?itemId=253248

極美種です!

状態が上がってくると本当に綺麗です。一匹よりもたくさん泳がせると線香花火のような火花が飛び散っているような感じになって見とれてしまいますね!

こちらも通常なら5匹で1800円のところ10匹で1980!ほぼ半額!お買い得!

 

3位

f:id:RERU:20191226114055j:image

http://www.shopping-charm.jp/RecommendItems.aspx?recommend=kiz_aqlsui

あのアクロの30キューブ水槽が1500円!!!

いつものコトブキの30キューブで1950円なのにそれを下回る値段!

あのアクロ水槽が!ですよ!(2回目)

これは買うしかなくない?

30キューブは何かと便利なので、安い時に買っちゃいましょう!

 

とりあえず12/26の時点での僕のオススメ(欲しいもの)はこの3つです。

売り切れるのも早いみたいなのでいいなと思ったら買いですよ〜

また良さげなものがあれば順次追加します!

 

チャーム本店

 

 

アルジーライムシュリンプの知られざる実態

今回は

最近人気のあるアルジーライムシュリンプについて紹介します!

 

アルジーライムシュリンプって?

 

名前の通り「コケを食べる翠のエビ」です。まぁ実際は言うほど翠ではないです。ミナミヌマエビと同じ仲間のエビで大きさは大体ミナミヌマエビと同じくらいです。色は若干ミナミヌマエビより緑っぽいかな?というくらいで、単独で見ると多分わからないと思います笑

f:id:RERU:20191115193351j:image

 

見た目はミナミ、パワーはヤマト!

某アクアショップがアルジーライムシュリンプをこのように評価していました。

大きさはミナミヌマエビほどなのにコケ取りの能力はヤマトヌマエビ並みにあるということですね。アルジーライムシュリンプの特徴をよく捉えたキャッチコピーだなと思います。

たしかにコケをよく取ってくれます。

ただし、全部が全部ミナミヌマエビよりコケを取ってくれるのかというと、そうでもない子もいたりします笑

そのへんは個体差があるので大目に見てください。

茶ゴケのような壁に張り付くタイプの苔はあまり食べてくれませんが、糸状のコケなんかは掴みやすいのかよく食べてくれるように思います。

 

ここがすごいぞ!アルジーライムシュリンプ!

アルジーライムシュリンプのすごいところは、そのコケ取り能力はもちろんのこと、なんと!ヤマトヌマエビには難しい水槽内での繁殖が可能なところです!

ミナミヌマエビと同じくらいよく増えます。

ヤマト並みの能力を持ったエビが大量に増えるということは、コケ地獄からの脱出を意味します!!(多分)

しかも結構水草に溶け込むので、全く気にならないんです!ヤマトヌマエビであれば、めちゃめちゃ気になりますよね笑

ヤマトがうじゃうじゃいるとまあまあ気持ち悪いですが、アルジーライムシュリンプならそんなに気になりませんよ。探しても見つからないくせに、ふと見るとめっちゃおるやん👀となります。

 

アルジーライムシュリンプの増やし方

何もしなくても増えると言われていたのに、気がつくと一匹もいなくなっていた。なんてことはありませんか?

アルジーライムシュリンプやミナミヌマエビを増やすポイントは隠れ家です!

なぜエビが増えないのか?それは魚に食べられているからです。エビは自然界でも魚の餌になる生き物なので、水槽内でも常に魚に狙われる存在なのです。

水槽内という限られた空間に隠れるところもなしにエビを入れるのは、腹ペコのライオンの檻にウサギを入れるようなものです。

魚から逃げる場所を作ってあげることで、魚に食べられにくい環境にしましょう。

特に、生まれたばかりの稚エビはとても小さくて、魚に食べられやすいです。

隠れ家として入れやすいものでいうと、ウイローモスがCO2がなくても育って、稚エビが隠れやすいのでおススメです。

大人サイズになっても水草があることで隠れ家にもなりますし、餌にもなります。

 

金魚との混泳は可能か?

十中八九無理だとおもいます。

というのも、金魚はクチが大きいので簡単に食べられてしまうのです。

じゃあ混泳可能な魚は?と言いますとアルジーライムシュリンプが口に入らないような大きさの魚ならほとんど大丈夫です。が、隠れ家が少ないとやはり食べられてしまいます。また種類によっては小さい魚でもエビをかじって食べるのもいます(アベニーパファー等)そう言ったエビを好んで食べるような魚とは混泳は難しいです。

 

アルジーライムシュリンプの餌は?

特にアルジーライムシュリンプのために餌を入れるということはしなくていいです。魚が食べ残したカスや水草についた苔なんかを食べてくれます。

アルジーライムシュリンプのために餌を入れると、餌の味に慣れてあまり苔を食べてくれないということもあります。

でもやっぱり何か餌を餌を入れてあげないとかわいそうという方は、ぜひ先ほど紹介したウイローモスを入れてあげてください。エビたちがこぞってツマツマしてくれますよ😊

f:id:RERU:20191217125517j:image

 

さてさて、そろそろアルジーライムシュリンプが欲しくなってきたのではないですか?ミナミやヤマトと比べると少し割高で(charmで10匹800円)、入荷も少ないですが、いいことづくしなエビなのでぜひ買ってみてくださいね!

 

 

↓おススメのオンラインショップはこちら

チャーム本店

↓掘り出しものがあるかも?↓

チャーム本店アウトレットセール

 

買ってみようと思った方はポチッと↓

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

これでポリプテルスが飼える!!

今回は
僕の大好きなポリプテルスの基本的な、これだけあればポリプテルスが飼える!というような情報をお伝えしたいと思います!

1、最初はポリプテルスセネガルスから
ポリプテルスを飼いたい!と思ってポリプテルスについて調べているとたくさんのポリプテルスが出てきます。オルナティピンニスにビキールキールにエンドリケリーにデルヘッジ、パルマス、ラプラディなどなど。
ではどのポリプテルスが飼いやすいのか?
ずばり!ポリプテルスセネガルです!

特に金魚や熱帯魚しか飼ってない方、魚を飼ったことのない方はポリプテルスセネガルスがおススメなんです!
なぜならば、大きくならないから!
大きくなってもせいぜい30cmほどで、60cm水槽で飼うことができます。
しかも、めっちゃ丈夫!
あと可愛い😍

じゃあ他のポリプテルスはどうなんだ?エンドリケリー飼いたいんだけど?デルヘッジはだめ?
まあ飼えなくもないですが、ひとこと言わせていただくと「やめとけ」です。
特にエンドリケリーはすぐに30cmを超える大きさになります。
大きな水槽を用意したり、そのための場所を用意したりと結構大変なので、お金とスペースに余裕のある方以外はやめておくのが賢明です。
とりあえずセネガルスを飼って、慣れてきたら徐々に他のポリプテルスを増やすということをおすすめします٩( 'ω' )و

↑これでも小さい方…ウィークシーかな?

2、最低でも60cm水槽➕上部フィルター

ポリプテルスセネガルスを飼うときにいくら大きくならないからと言ってあまりにも小さい水槽ではダメです🙅‍♂️
ポリプテルスは肉食で水をよく汚します。なので水量もある程度確保する必要があります。
せめて60cm水槽を用意しましょう。

当然、水をよく汚すのなら、フィルターも能力が高いものが必要なのです。
そこそこ安くて能力が高いフィルターといえば上部フィルターです!
特にポリプテルスはいわゆる底物、水槽の底の方にいる魚なので、汚れが底に溜まると調子を崩しやすいです。
なので、適度に水流ができる上部フィルターがいいというわけです。
もちろん外部フィルターがあるならば、外部フィルターでもOKです。


2800円!!


2500円!!
実は水槽と上部フィルターがセットになっているものもあるのですが、全然お買い得では無いのです笑
バラで買った方が安いのは何故でしょう?

フィルターついでに、フィッシュレットというものをご存知ですか?ポリプテルスについていろいろ調べるとたまに出てくることがあります。これはフィルターの一種のようなそうで無いような器具です笑


2200円

フィッシュレットの役割は、糞や餌のカスを集めることで水槽を綺麗に保つ、いわば掃除機のようなものです。フンの多いポリプテルスにはちょうどいいものなのですが、フィッシュレットの中に溜まったゴミは誰かが分解してくれるわけではなく、自分で定期的に取り除く必要があります。このときフィッシュレットの中を匂うとかなり臭いらしいです。
ちなみに、フィッシュレットを使うにはエアーポンプも必要なのでご注意ください。

3、砂は必要?
ポリプテルスにとって底砂は必要か?と聞かれると、まあ有ればいいけど無くても問題無いと答えます。
砂や砂利などが何も入っていない水槽をベアタンクと言うのですが、ベアタンクなら底に落ちた糞や餌のカスが一目でわかるので掃除がしやすいというメリットがあります。
底砂をひくならば、ガーネットサンドか田砂が一般的です。
800円
1000円
ポリプテルスを飼う上で底砂が果たす役割は主に体色をあげる、自然ぽく見せるということです。間違っても、バクテリアが住み着いて水を浄化するという効果を期待してはいけません!底砂は粒が細かくて水が通りにくいので、汚れが溜まりやすく水を悪くしてしまいます。なので、底砂をひくときは底面をうっすらとかろうじて覆うくらいを目安にしてください。絶対に2cmも3cmも重ねることがないようにしてください!
ちなみに60レギュラー水槽ならガーネットサンド1Lもあれば十分です。1Lでも全部入れると多いので、先に述べた目安くらいを入れてください( ^∀^)
まあ底砂は無くてもいいんですよ(2回目)

4、ヒーターで快適ライフ
ポリプテルスは熱帯魚なので、冬場はヒーターを入れます。
2200円
60レギュラー水槽ならこれくらいで大丈夫です。
水温が下がってしまうとポリプテルスの活性がなくなり、あまり餌を食べなくなり、病気や不調が出てきやすくなってしまいます。
夏が終わったなと思ったら、ヒーターを入れるようにしましょう。

まとめ
ポリプテルスセネガルスを60レギュラー水槽➕上部フィルター、底砂はあっても無くてもいい、あとはヒーター
これだけでポリプテルスが飼えます!(*゚▽゚*)
可愛くってカッコいい!
ここまで読んだあなたはポリプテルスを飼いたくて仕方なくなっているはず!
セネガルスに始まりセネガルスに終わると言われるポリプテルス沼にさあいらっしゃい╰(*´︶`*)╯

↓あっ、手が滑った?↓
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

エーハイムVSコトブキ 外部フィルター頂上決戦!?

今回は
外部フィルターに手を出したい方が気になるであろう、「結局どこのメーカーのフィルターがいいのか問題」を解説していきたいと思います。

外部フィルターのメーカーといえば
エーハイム エーハイムクラシックシリーズ
コトブキ コトブキSVシリーズ(パワーボックス)
テトラ パワーフィルター
ジェックス メガパワー
スドー エデニック
ADA ジェットフィルター
とざっとこれくらいはあります。

この中でも僕が使っているのが
エーハイムクラシックシリーズと
コトブキSVシリーズ
です。
値段が手頃で丈夫なところがおススメポイントです。
ちなみに僕はずっとこの2種のフィルターを使っていますが、特に今のところ不具合もなく稼働してくれています。コトブキSVに関しては中古で購入しそこから2〜3年は使っていますが、全く異常が起きない優等生です😁
ちなみに、ほかのメーカーの外部フィルターも人気があっていいものだと思うのですが、エーハイムとコトブキが単純に僕が好きだから選んだと言うことでもあります👍

ではエーハイムとコトブキどちらのフィルターがいいのか、ということが気になりませんか?
僕がこの2種を使って感じた違いを紹介して行こうと思います。

今回は60cmレギュラー水槽に使うという前提で比較していきます。
まずは
エーハイム社から
エーハイムクラシック2213

それに対抗して
コトブキ社から
パワーボックスSV450x


さて、両者の比較をしてみましょう。
それぞれのデータはcharmさんからとってきました。

まずは価格
22138千8百円
sv450x6千7百円
あくまで、目安です。
2213の方がちょっと高いですね。

次は流量
どちらも60hzの場合
2213500L/h
sv450x480L/h
50hzの地域の方はこれよりも少し小さい値になります。
流量はわずかに2213の方に分がありますね。
500L/hということは、1時間に500Lの水を流すことができるということです。
60cmレギュラー水槽に入る水の量が大体60Lほどなので、単純計算で1時間に8.3回水を入れ替えることができると言うことです。

続いて濾過容量
22133L
sv450x3.5L
ここではsv450xの方がより多くのろ材を入れることができるようです。
ろ材を多く入れることができると言うことは、バクテリアの住処が増えることにつながります。つまり、浄化能力が高くなるわけです。
ここで、間違ってもろ材は入れれば入れるほどいいんだ!という勘違いをしないでください。あまりにろ材を詰め込み過ぎると、フィルターの中の水の流れが悪くなるので、かえって悪影響を及ぼすことにもなりかねません。

さて、上記の3点はメーカーが公表してる値を持ってきましたが、ここからは僕が使っていて感じたいい点をお伝えしようと思います。

まず、セット時
外部フィルターをセットする時に、はじめは外部フィルターの中に水が入っていないので、水槽の水を入れる「呼び水」という作業をすることが必要です。
この時に2213は吸水側を水槽につけて、排水側のホースを口に加えて、水を吸うことで呼水をします。まあ口に水が入ってくることはほとんどないですが、ホースを口に口をつけることに抵抗を感じる方もいるでしょう。また、吸い込むのはわりとしんどいです笑
しかし、sv450xには上部にスタートボタンが装備されているので、それを何度か押すだけで呼水ができるのです!

これはかなり便利です
ぜひエーハイムにも実装してもらいたいものですね笑

次はメンテナンス時
フィルターを掃除する時にホースを外すのですが、この時に2213とsv450xで少し違うのです。
sv450x

この部分を外します。
すると、ホース側は水を止めることができるので、垂れてくることはないのですが、フィルター側からかなりの確立で水が出てきます笑
これに対して2213ダブルタップという機構があり



このような手順で水槽側のホースとフィルター側のホースを離すことができるので水をほとんどこぼれることはありません!
これはほんと便利!
ダブルタップを別で購入してsv450xに付けている人もいます(僕です)

https://youtu.be/blsnYIbvFyM
2213については、charmさんが詳しいセット手順を動画で説明してくれています!

続いて水草水槽をする時
水草水槽でガラスのリリィパイプを使うときはホースの内径に注意してください。
2213は排水、吸水共に内径が12mmですが

  • sv450xは吸水側のホースが内径16mm、排水側のホースが内径12mmとサイズが異なるため、吸水、排水がセットになっているリリィパイプを購入すると片側がハマらなくなってしまいます。まあ違う径のホースを繋ぐパーツも売られているので、それを使えばいいことなんですけどね。

まとめ
これまでの情報をまとめると
2213
流量が多く、ダブルタップのおかげでメンテナンスが楽、リリィパイプがつけやすい、水草水槽にはうってつけ。
sv450x
価格が安く、ろ材がたくさん入り、呼び水が楽、金魚や肉食魚と言った水を汚す魚にうってつけ。

という感じです。
2213もsv450xもつくりがしっかりしているので、水漏れや故障はしにくいです。
しかし、中古品の場合パッキンがダメになっていることがあるので、最初のうちは水漏れに注意してください。
また2213のこの部分↓

ホースとフィルター本体を繋ぐところですね
ここは力を入れると折れます笑
注意してください!

どちらもとても頑丈で実績のあるフィルターなので、新品で購入すればかなり長い間活躍してくれると思います!
下の画像をタップすると、各商品のページに飛べるので、さらに詳しい情報が欲しい方はどうぞ
エーハイム2213

コトブキパワーボックスsv450x

今回はここまでです
少しでも選ぶときの参考になれば幸いです。

参考になったよって方はポチッとお願いします↓
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

古代魚アクアテラリウム

今回は!

古代魚アクアテラリウム

をご紹介したいと思います。

そもそも古代魚アクアテラリウムという言葉があるかどうかはわかりません

単純にアクアテラリウム古代魚を入れてるよってだけの話です

なので過剰な期待は禁物ですよ!

 

では、制作過程から見ていきましょうか

まずは大体のイメージを作ります。

f:id:RERU:20190720222741j:image

要するに滝?川?のように水を上から下に流そうというイラストですね、、、?

 

これを形にしていきます

土台となるのは、今回は溶岩石です。

火山の石で黒いものが多く、穴だらけなのが特徴です。

f:id:RERU:20190720223242j:image

最初に購入したのは、ADAの雲山石Mサイズと溶岩石2キロほど

雲山石は大きな溶岩石に侘び草が置けるような穴を開けてくれいているものです。

思ってたよりも少ないです

f:id:RERU:20190720223727j:image

もうちょっと広く場所を埋めたかったので、少し買い足しました。

雲山石が結構重たいので、崩れないようにしっかりと土台を作りました。

アクア用の接着剤を使うともっとしっかりと固定できると思いますが、面倒だったので使ってません(^^)

f:id:RERU:20190720223918j:image

買い足して少し配置を変更

後ろにチラチラ見えているのは

GEXのサイレントフローパワーです。

このフィルターのいいところは、水の出るところが水面より上でも使えることです。

上から水を流したい僕にはちょうどいいものです。

ただし吸水口が下の方にあるので、そこは水に入れる必要があります。

f:id:RERU:20190720224501j:image

そして早速色々と草をのせてます

ADAの侘び草と苔が少々ですね。

どちらも適度に霧吹きをしてあげればよく育ちます。

f:id:RERU:20190720224751j:image

水中はこんな感じです。

アヌビアスナナが余っていたので、適当に石の間に入れてます。

アヌビアスナナは丈夫な水草で、CO2も強い光も必要ないのでとても使いやすいです。

水質にもうるさくないので、初心者の方でも安心して使えるんじゃないかと思います!

ちなみに底に敷いているのは、ADAのコロラドサンドです。(ラプラタサンドかもしれません)

f:id:RERU:20191001235954j:image

こんな感じで、水中に水草を植えるも良し、水上に草、苔を植えるも良し、自由にいろいろ試してみてください。

f:id:RERU:20191002000302j:image

そして、古代魚アクアテラリウムのタイトル通り、アルビノポリプテルスセネガルスやニューレインボースネークヘッド等あまり大きくならない古代魚を入れてます。

水の量が大体50〜60Lくらい入っているので小型の古代魚であれば5〜6匹くらいは大丈夫です。

ただし、肉食魚なので水換えはシッカリとしてあげましょう。

僕はだいたい2週間に1回、餌をたくさん与えたときや、生き餌をあげたときなんかは、状況に応じて1週間に1回水換えするようにしています。

f:id:RERU:20191002115108j:image

徐々に色んな草を足しました。

ピンクや赤の葉があるのは、フィットニアという草で、結構湿度が高くても育ちやすいというもので、アクアテラリウムにはうってつけの植物です。

f:id:RERU:20191002120135j:image

そして!ずっと使ってみたかったミストメーカーを導入!

ミストメーカーの作り出す霧がとても幻想的な雰囲気を醸し出してくれてます。

小さい仙人とかいそうな感じがしませんか?笑

この霧のおかげで、苔やフィットニア、侘び草にも十分に水が行き渡るのですごく調子が上がりました。

 

とまあこんな感じで、古代魚アクアテラリウムを作ってみたわけですが、適当に作った割にいい感じになってて自分でも驚きました。

入れる魚は古代魚でなくても、金魚や熱帯魚などなどサイズに気をつければなんでも入れれそうです。

特に水流が弱いので、ベタのような止水を好む魚にはうってつけかもしれませんね。

 

以上、今回はここまでです

最後まで読んでいただきありがとう御座いました!

古代魚アクアテラリウムいいな!やってみようかな?と思った方はぜひポチッと↓お願いします🤲

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村